【塩分の取りすぎ注意!】腎臓と低塩食の関係性

皆さんは普段の食事を取る際にどのくらい「塩分」を気にしていますか?私たちの腎臓と塩分はとても重要な関係性があります。塩分は体内の水分バランスを調整し、神経の興奮や筋肉の収縮にもとても関係深いですが摂りすぎると腎臓に負担をかけることになります。今回は腎臓と塩分の関係性について必ず知っておくべきことを紹介いたします!

「塩分」と腎臓の関係性

腎臓は体内の浄化工場であり、血液中の老廃物や余分な水分を排出する重要な役割を果たしています。そのため、腎臓の健康状態=全身の健康状態と言われています。腎臓の機能が低下すると血液中の毒素が蓄積し高血圧や貧血、骨の問題などの合併症が引き起こされる可能性があります。

さらに塩分の過剰摂取は、血糖値を急上昇させ、血管を傷つける「活性酸素」が発生し痛んだ血管にコレステロールが溜まり血栓ができやすくなります。塩分の摂りすぎは尿の量が増加し、腎臓に負担をかけることになるので腎臓の健康を維持するためには、低塩食が非常に重要なポイントとなってきます。

腎臓に負担をかけない食事法

1、塩分の制限

塩分は加工食品や外食、缶詰などに多く含まれており、食事を調理する際に、塩分を控えめに使うか代替調味料を取り入れることが腎臓にとって大事な点となってきます。

カリウムのバランス

カリウムは塩分と密接に関連しており、適切なバランスが重要で、腎臓からの塩分の排出を促進し、血圧を下げる効果があります。カリウムを多く含む食品としては、バナナやイモ類、ヨーグルトなどがあります。

3、タンパク質の摂取

高タンパク質の食事は腎臓に負担をかける可能性があります。腎臓の健康を保つためには、適度なタンパク質の摂取が重要です。良質なタンパク質源としては魚や鶏肉、大豆製品などを選ぶことが良いと言われています。

4、水分摂取の調整

過剰な水分摂取も腎臓に負担をかける可能性があります。特に腎臓機能が低下している場合は、水分摂取量を調整する必要があります。

普段使っている食塩のオススメ代用品!

腎臓を健康に保つには「塩分」の摂取量が重要なポイントですが、普段のお料理に使われている「塩」をレインボーファームズのニュートリショナルイーストに置き換えることで、100g中39.3gの塩分が含まれている食塩に対して100g中たったの0.5gにおさえることが!

ニュートリショナルイーストはサトウキビなどの糖蜜で発酵させた酵母(イースト)で作られたスーパーフードであり、ビタミンB12が豊富に含まれています。忙しい毎日でも、ニュートリショナルイーストをサラダやスープに振りかけるだけで 塩分を控えることができ、安心して必要な栄養素を補えるので、腎臓の健康が気になるかたからダイエット中、ヴィーガン・ベジタリアンの方まで幅広くお使いいただけます!

ご購入はこちらから

まとめ

低塩食は腎臓の健康を保つだけでなく、高血圧や心臓病などの慢性疾患のリスクを低減する効果があります。そのため、塩分摂取量を制限し、腎臓にやさしい食事を心がけることは健康な体づくりをするのに最も重要なことです。