【今さら聞けない!】植物性 vs 動物性プロテインの違い

こんにちは!レインボーファームズです。

タンパク質を補えるプロテインパウダー は、忙しい毎日の中で食生活が偏ったり寝る前にお腹が空いた時などに手軽に摂取できる私たちの味方!

普段の食生活に取り入れている人も多いのではないでしょうか?

そんなプロテインパウダーですが、皆さんは植物性と動物性のどちらを取り入れていますか?

またそれぞれの違いはご存知ですか?

今回はそんなプロテインパウダーの違いについてご紹介します!

プロテインパウダーの効果

プロテインパウダー は、主に筋肉の修復や成長をサポートするために摂取する方が多く、主にタンパク質の供給源として利用され、一般的には乳製品(ホエイやケースイン)や大豆などから抽出されるタンパク質が主成分です。

プロテインは人体の細胞や組織の構築に不可欠であり、特に運動やトレーニングを積極的に行う方々にとっては、十分なタンパク質の摂取が重要となってきます。

トレーニング後のタンパク質摂取は、筋肉の修復と成長を促進し、効果的なトレーニング結果を得るのに役立ちます。

 

植物性と動物性の違い

原材料:植物性プロテインパウダー は、主に大豆、エンドウ豆、ヘンプ、米などの植物由来に対し、動物性は、主に乳製品(ホエイ、ケースイン)や卵、肉から抽出されるタンパク質を含みます。

消化吸収速度:動物性のものは消化吸収が速く、トレーニング後などに速やかにタンパク質を効果的に吸収できるのに対し、

植物性は吸収がやや遅く、腹持ちがいいので持続的なエネルギー供給に適しています。

アレルギーのリスク:動物性のプロテインは乳製品や卵由来のものが含まれるため、アレルギーがある方は注意が必要です。

逆に植物性のプロテインは乳製品や卵アレルギーのリスクが少ないです。

環境問題:植物性のものは動物愛護や環境への影響が少ないと言われており、一方で動物性プロテインは論理的な問題や環境負荷が懸念されています。

オススメの植物性プロテインパウダー

https://www.rainbowfarmsjapan.com/products/%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%82%AC%E3%83%8B%E3%83%83%E3%82%AF-%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%88-%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%86%E3%82%A4%E3%83%B3-organic-plant-protein-make-body?pr_prod_strat=collection_fallback&pr_rec_id=7462f922a&pr_rec_pid=6922588848226&pr_ref_pid=6922589667426&pr_seq=uniform

 レインボーファームズから新発売された「Make My Day」シリーズのプラントプロテイン【Make Body】は、体にも環境にもやさしい植物由来の原料でできており、

  • ✅100%オーガニック
  • ✅ヴィーガン
  • ✅グルテンフリー
  • ✅無添加
  • ✅乳糖不耐症の方でも安心!

近年ヴィーガンダイエットの人気が高まるにつれて、プラントベースのプロテインパウダーが、

動物性のタンパク質源よりも優れた天然タンパク質源として注目を集めており、

環境への負担を考えつつ健康的な体づくりを目指す方、美容コンディションを整えたい方、

忙しい毎日により食生活が乱れている方など、ヴィーガンやベジタリアンの方にもオススメのプロテインパウダーとなっておりますので、是非取り入れてみてくださいね!

オーガニック プラント プロテイン【Make Body】

最高品質のエンドウ豆プロテイン、ライスプロテイン、カボチャシードプロテイン、 キノアシードプロテインなど、4 種類の植物ベースのプロテインが含まれています。