【人生100年時代!】食事を変えれば寿命が10年延びる!

こんにちは!レインボーファームズです。

人生100年時代と言われていますが、せっかく長生きするなら

イキイキと過ごすことができる健康的な身体でいたいですよね!

今回は寿命を延ばすために避けてほしい食材と、積極的に取り入れてほしい食材をご紹介します!

今日から取り入れられるものばかりなので、是非チェックしてみてくださいね。

 

はじめに

積極的に取り入れてほしい食材として

  • 全粒穀物
  • 豆類
  • 野菜
  • ナッツ類
  • 果物

これらを中心とした食事を心がけつつ

  • 赤身肉
  • 加工肉
  • 砂糖入り飲料
  • 精製穀物

これらを控えると、女性の寿命が最大10年延びると言われています。

 

赤身肉や加工品は満腹感が得られにくい

加工食品は満腹感が得られにくい主な理由は、高いカロリー密度と低い栄養価です。

これらの食品には通常、脂肪糖分などの誘因が多く含まれ、エネルギーを急速に提供しますが、栄養素が不足しています。

さらに、加工食品は食物繊維たんぱく質が少なく、これらが満腹感をサポートする役割を果たすことができません。

また、味付けや食感の改良により、過剰に摂取しやすくなり、過食のリスクが高まります。

満腹感を得るためには、バランスの取れた食事を重視し、加工食品を控え、新鮮な食材や栄養価の高い食品を優先することが大切です!

 

砂糖が及ぼす危険!インスリンの過剰分泌

単純炭水化物を多く含む食品は

  • 果物
  • 乳製品
  • ハチミツ
  • メープルシロップ

などがあげられ、これらの食品は急速に消化され、血糖値を急上昇させます。

急激な血糖値の上昇はインスリンの急増を引き起こし、糖の蓄積を促進します。

長期間にわたり、この糖の過剰摂取は肥満糖尿病心血管疾患などの健康リスクを増加させます。

また、単純炭水化物が多い食事は、一時的なエネルギー供給しか提供せず、満腹感が短命で、食後に空腹感を感じるのが早くなります。

 

タンパク質の「質」に注目しましょう!

全体のタンパク質の1/3は、

  • オメガ3
  • オメガ6
  • ビタミンB 12

が豊富で、サケタラエビなどの魚がオススメ!

残りの2/3は、必須アミノ酸を多く含む豆類(エンドウ豆レンズ豆)など、

植物由来のタンパク質源を選ぶのがベスト!

このアプローチは長寿に最も貢献することが実証されており、

一説ではペスカタリアン(植物性食品、卵、乳製品、魚介類を食べ、肉を食べない食生活を送る人のこと)は肉食者に比べて死亡リスクが低いとも言われています。

 

寝る3〜4時間前には食事を済ませましょう!

1日の食事は12時間以内で食べることを目指しましょう。

さらに寝る3〜4時間前には食事を済ませておくこと。

毎日決まった時間帯にのみカロリーを摂取する時間制限摂食(TRE)として知られるこの食事法は、寿命と深く関連つけられています。

一方で、朝食を抜き食べない時間が長時間続くのは逆効果!

死亡率の増加につながることを示す研究もあります。

断食の時間が長ければ良いと考えるのは禁物です。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

食生活を改善することで、寿命が伸び生活習慣病などの病気も防ぐことができます!

新鮮な旬の食材を心がけて摂取し、バランスの取れた栄養価の高いものを積極的に取るようにし、健康で長生きしたいですね!