【知らないと損!】認知症リスク減!オリーブオイルはすごかった

こんにちは!レインボーファームズです。

皆さんは普段のお料理にオリーブオイル使っていますか?

ハーバード公衆衛生大学の研究で、オリーブオイルを一日大さじ2杯分とっていた人は

「認知症死亡リスクが低い」ということがわかりました。

ただしオリーブオイルならなんでもよいわけではないので要注意

せっかく摂取するなら質の良いオリーブオイルを選ぶことが大切です。

 

エクストラバージンオリーブオイルとは

国際機関が決めた基準があり、オリーブの果実のみを単に圧搾

もしくは他の物理的な方法により得たオイルをバージンオリーブオイルと言います。

更に4つにグレード分けがされていて

味わった時の酸度の低さや風味の良さなどを検査された上で認められたオリーブオイルのみが

「エクストラバージンオイル」と名乗ることができます。

 

酸化で比較すると…

  • エクストラバージンオイル ー 酸度0.8%以下(酸価1.6以下)
  • バージンオイル ー 酸度2.0%以下(酸価4.0以下)
  • オーディナリーバージンオイル ー 酸度3.3%以下(酸価6.6以下)
  • ランパンテ ー 酸度3.3%(酸価6.6以上)3.3%以下でも味・香りに欠点があるもの精製工程用及び工場用で直接食用には不適

 

オリーブオイルの効果 

老化を遅らせる抗酸化作用

生活習慣病の原因にもなる活性酸素を抑制しシワの予防や美容効果も高まります。

腸内環境の改善でお腹スッキリ

腸内の潤滑となるため便が柔らかくなりスムーズに排出しやすくなります。

心筋梗塞や脳卒中などの予防

血液をサラサラにして悪玉コレステロールを減少させ、血管の廊下を送らせてくれます。

 

エクストラバージンオイルの選び方

  • ビンは遮光されているか
  • 裏ラベルシールが規則正しいか
  • 価格が安すぎないか

価格が高いからいいという訳でなく、自分なりの一定の基準を満たしているものを購入しましょう!

 

レインボーファームズのトリュフオイルがオススメ!

世界で最も基準の厳しいCOOC(カリフォルニア産オリーブオイル評議会)

に認定された酸度0.5%以下のエクストラバージンオイルを使用しています!

ほんの数滴料理にかけるだけで贅沢な味わいに仕上がりますよ。