【まだまだ暑い!夏バテ防止!】暑さから体を守る食材16選!

こんにちは!レインボーファームズです。

 暑い日が続くと食欲が落ち気味で、冷たい水、かき氷、ジュースなど飲みたくなりますよね?

しかし、冷たいものやさっぱりする食べ物ばかりで、栄養のバランスちゃんと取れていますか?

夏バテは食生活を見直す事で改善されます。

今回は暑さから体を守る食材を16選を4つのカテゴリーの食材に分けて紹介します!

 

フルーツ

1、ブルーベリー

強い抗酸化作用を持つポリフェノールが豊富。

成長効果が期待できる食物繊維などの栄養も含まれています。

2、ココナッツ

カリウムが豊富で脱水症状を防ぐのにピッタリ!

マグネシウムも含むので体温調節を行うのに役立ちます。

3、アボカド

「森のバター」と言われるほど栄養価が高く、消化吸収を促すことで疲労回復、肝臓機能の改善に役立ちます。

4、イチジク

夏に旬を迎える果物で、水溶性食物繊維やミネラルなど栄養価が満点です。

 

野菜

1、紫キャベツ

アントシアニン・カロテン・ビタミンCがとっても豊富で美肌や美白に効果的!

低カロリーなのでダイエットにもおすすめ。

2、カリフラワー

美肌効果、疲労回復効果が期待できるビタミンCやむくみ解消に効果があるカリウムが豊富

3、きゅうり

体を冷やす働きがあり、体内の熱を外に運び冷やす作用があります。

またむくみの改善にも効果的。

4、海藻類

夏に鈍りがちな腸の働きを助けてくれたり、不足しがちなミネラル補給におすすめ!

穀物

1、麦

体を冷やす働きがあり熱中症対策に効果的。

麦茶になるとカリウムが豊富で熱を体の外へ放出してくれます。

2、キヌア

ミネラル・カルシウムが豊富で、紫外線によってパサつきがちになる髪の潤いを保護してくれます。

3、バスマティライス

食物繊維が玄米よりも豊富で、夏に低下しがちな消化力を助けてくれます。

4、オーツ

食物繊維タンパク質が豊富で消化も良いため胃に負担をかけません。

食欲が落ちがちな時でも効率よく栄養を摂取できます。

豆類

1、赤レンズ豆

鉄分が豊富で、ビタミンB群・亜鉛、食物繊維など体の調子を整える栄養素が豊富に含まれています。

2、豆腐

水分が豊富なので体内の水分補給に役立ちます。

さっぱり食べられるので食欲のない時の強い見方ですね!

3、インゲン豆

抗酸化作用を持つカロテンや疲労回復効果のあるアスパラギン酸を含むため、体内の活性酸素が増えやすい夏におすすめの食材。

4、ひよこ豆

夏に弱りやすい胃腸機能を予防し、不足しがちな血を増やしてくれる役割も。 

 

いかがでしたでしょうか?

食材の中には体を冷やす働きがあるものもあり、

夏の暑い時期に不足しがちな栄養素を豊富に含むものもたくさんあります。

まだまだ暑い日が続きますが、夏バテに負けない体づくりを食生活を見直すところから始めてみましょう!