【痩せる!】ギーバターとの脂肪燃焼 食べ合わせ メニュー

こんにちは🙋筋肉痛が数日後に来ると老いを感じる、奥村です🙋

今日はギーバターとの「痩せる食べ合わせ」についてお話しさせていただきます!

ギーバターを買ってみたものの、どう使ったらいいのかわからない…
何と合わせて食べれば効率良く痩せるのか知りたい!
という方に是非読んでいただきたいです😎💪

まずは、人間の三大栄養素のひとつ、「脂質」を構成する主成分である脂肪酸は大きく分けて3つあります。

①飽和脂肪酸

日常生活で一番多く摂取している脂肪酸

肉、乳製品、バターなど動物性食品に多く含まれる

エネルギーとして使われやすい

体内で合成できる脂肪酸

過剰摂取になりやすい。過剰摂取すると健康面に悪影響

②一価不飽和脂肪酸(オメガ9)

エネルギーとして使われにくい

体内で合成できる

オリーブオイルなど植物油に多く含まれる

悪玉コレステロールの減少

③多価不飽和脂肪酸(オメガ3、オメガ6)

体内で作ることのできない必須脂肪酸

魚、えごま油、アマニ油などに多く含まれる

中性脂肪の減少や動脈硬化のリスクを下げる

ギーにはたくさんの良質な脂肪酸が含まれていますが、

中でも脂肪燃焼に必要不可欠なのが

【共役リノール酸(CLA)】なんです。

共役リノール酸(CLA)は ③多価不飽和脂肪酸(オメガ3、オメガ6)のカタチを変化させたもので、脂肪の蓄積をブロックし、エネルギーに変える酵素の働きを活性化させてくれます。

しかし!

ギーを食生活にプラスしただけでは痩せません!!

むしろ、これまでの食生活や生活習慣を変えずにギーを食べていると、当然エネルギーオーバーになり逆効果。ギーのカロリーは 1gで約9Kcal一般的な油脂類と同等なので、食事制限をしないなら、1日の摂取量は大さじ1~2杯程度が目安。もちろん、摂取した共役リノール酸(CLA)は使われなければ代謝されません。つまり、ダイエット効果を期待するなら、

① 今まで調理に使っていた油をギーに置き換える
② ギーのカロリー分の摂取カロリーを制限する
③ バランスの良い食事と適度な運動
が必要です。

せっかく摂取したギーバター(共役リノール酸(CLA)で効率よく脂肪を燃やすには、脂質を体に溜めずにエネルギーとして代謝を則す食べ物との食べ合わせが効果的!

ギーと食べるなら”ビタミンB2”がおすすめ

【ビタミンB2を多く含む食べ物】
レバー(豚、牛、鶏など)、うなぎ、さば、カマンベールチーズ、アーモンド、納豆、牛乳、ウズラの卵、アボカド、モロヘイヤなど
→ 🔥脂肪燃焼🔥 朝ごはんの理想メニューはこんな感じです!

【和食編】
玄米
ギーバターで焼いた卵焼き
納豆
キノコとわかめのお味噌汁(水溶性の食物繊維はコレステロールを減らす役目が!)

【洋食編】
アーモンドミルク
ギーバターを塗ったアボカドトースト
いよかんまたはオレンジ

逆に、下記のような油の吸収を阻害する成分との併用は避けてください!

✖ カニ、エビ、白インゲン豆、リンゴ、エリンギ

どうせ食べるなら栄養もしっかり取れて、脂質を取っているのに脂肪も燃焼出来たら最高ですよね😉💪ぜひ毎日の食事にギ―バターを取り入れて、引き締まった体を手に入れてください😆💥

ブログ記事が参考になったら下のアイコンからぜひシェアしてみてください💛

ではまた来週🙋


Leave a comment

コメントは公開する前に承認する必要があることにご注意ください。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.