【衝撃的!】アメリカのヘルシーな人が食べない食品5選

こんにちは!レインボーファームズです。

近年、アメリカではヘルシーな食事や食品への関心が高まっており、多くの人達が自身の食生活を見直しており、

特に食品選びに慎重で、栄養価の高い食材を重視しています。

加工食品や砂糖添加飲料は避け、代わりに新鮮な果物や野菜、健康的な全粒穀物、健康的な脂質を取り入れ、高カロリーで低栄養価の食品や高ナトリウム食品も制限しています。

ヘルシーな食事は、肥満や慢性疾患のリスクを低減し、エネルギーや免疫力の向上に効果的とされています。

今回はそんなアメリカのヘルシーな人が食べない食品を5選紹介!

 

1、加工食品

多くの場合、製造過程で栄養価が低下し、精製された穀物や白砂糖のように、多くの栄養素が取り除かれてしまうことがあります。

その結果、ビタミンミネラル食物繊維などの重要な栄養素の摂取量が減少し、栄養不足のリスクが高まります。

更に、加工食品には、保存期間を延ばしたり味や見た目を改善するために、

多くの人工的な添加物が使用されることがあり、人工的な

  • 着色料
  • 香料
  • 保存料
  • 増粘剤
  • 甘味料

などが含まれることがあります。

 

これらの添加物は、個別に問題があるわけではありませんが、長期間にわたって大量に摂取することが健康に悪影響を及ぼす可能性があるとされています。

 

2、砂糖添加飲料

砂糖添加飲料(ソフトドリンク、スポーツドリンク、果汁飲料など)には大量の砂糖が含まれており、カロリーを摂取しつつ栄養を摂れないため、肥満糖尿病のリスクが高まることが知られています。

更に、過剰な砂糖摂取は、血糖値の急激な上昇を引き起こし、インスリンの分泌を増やすことがあります。

アメリカのヘルシー思考の人達は、歯の健康に関してもとても意識が強く、

砂糖添加飲料は、歯の健康にも悪影響を及ぼすことがあり、砂糖は口腔内の細菌によって酸に変換され、歯のエナメル質を侵食する可能性がある為、むし歯や歯の崩壊のリスクが高まります。

これらのリスクがある為、砂糖添加飲料を飲まずに、水やハーブティー、砂糖の入っていない炭酸水などのヘルシーな飲み物を取り入れるひとたちが多いです。

 

3、トランス脂肪酸を含む食品

一般的に、フライドポテト、ピザ、ドーナツ、菓子パンなどにトランス脂肪酸が含まれていますが、トランス脂肪酸の過剰摂取は、心血管疾患のリスクを高めることが知られています。

トランス脂肪酸は、LDL(悪玉)コレステロールを上昇させ、HDL(善玉)コレステロールを低下させる作用があります。

その結果、血液中のコレステロールバランスが悪化し、動脈硬化冠動脈疾患などの心血管疾患のリスクが増加します。

その他にも、

  • 糖尿病のリスク
  • 脳の健康への影響
  • 発がん性リスク
  • 乳児の発育に悪影響

などの

様々な健康問題のリスクを増加させると考えられています。

以上の理由から、トランス脂肪酸の摂取は最小限に抑えるか、なるべく避けることが重要です!

 

4、牛乳

 

牛乳には乳糖と呼ばれる糖分が含まれており、乳糖を消化するための酵素である乳糖分解酵素(ラクターゼ)を不十分に産生するため、乳糖不耐症になる人が少なくはないのが現状です。

乳糖不耐症は、牛乳を摂取すると消化不良や腹痛、ガスの発生などの症状が現れることがあります。

更に牛乳は、アレルギーの原因物質となることがあります。

牛乳アレルギーは免疫系の過剰反応によって引き起こされ、吐き気、腹痛、発疹、呼吸困難などの症状が現れることがあります。

特に乳幼児や幼い子供に多く見られます。

アメリカでは、牛乳の代わりに、アーモンド、オーツ、ココナッツ、カシューナッツなどの植物性ミルクを摂り入れる人が増えて来ています。

 

5、マーガリン

マーガリンは、植物油を水素添加することで生成されるトランス脂肪酸を含んでいる場合があります。

トランス脂肪酸は、飽和脂肪酸と同様に悪玉コレステロール(LDL)の上昇や善玉コレステロール(HDL)の低下を引き起こし、心血管疾患のリスクを増加させることが示されています。

更にマーガリンは製造過程での加工が行われ、一部の製品には添加物が含まれている場合があります。

加工食品や添加物の摂取量の過剰は、栄養バランスの乱れや健康リスクの増加につながる可能性があります。

 

いかがでしたでしょうか?

どれも普段の食生活に取り入れている方が多いのではないでしょうか?

過剰摂取により健康へ悪影響が出る為、アメリカのヘルシー思考の人達は、これらの食品を積極的には摂取しません。

なるべくこれらの食品を健康的な代用品に入れ替えて工夫してみることが大切ですね!